断絶の壁

透明な子になりたいしスキも諦めたくないよね

fitbit versa が欲しい(アプリが欲しい)

pebbleユーザーなのでそろそろ新しいスマートウォッチが欲しい

Pebble 2 HR Smartwatch Black 1002-00063

Pebble 2 HR Smartwatch Black 1002-00063

6月にユーザーサポートも終わってしまってios12もリリースされるので……
pebbleユーザーなのはすごくさみしいです

この“ちょうど良さ”のあるスマートウォッチを探してます

それとこれを機にヘルスケア全体的に
管理できるアプリと連動するスマートウォッチはないかなーと
(ios批准のヘルスケアにはもうちょっと使いやすくならないかなーという気持ちもありますが……)

そんな感じ一番気になっている
スマートウォッチは

かっこいい〜

製品の性能は商品リンクで見れるので
説明は省くんですが
なにが良いなって思ったかって
アプリなんですよ……

これがすごい良い

すごくないですか
こんなに分かりやすく健康管理できるスマートウォッチあります?
健康管理したくて買ったら時計が腕無料ですよ(?)

このアプリの感じを見てると
プロダクトのこだわりとアプリのこだわりの
コンセプトが一致してるなって伝わってきて

プロダクトは良くてもアプリはまだまだ…って感じがないので……

すごいfitbit versa
欲しすぎる

アプリはfitbitを購入してからじゃないとつかえないので……
うわー
手軽さと汎用的なデータ活用ができるヘルスケアアプリってコレだ!って思うのがなくて
fitbitのアプリ見たときに

あ!これはfitbitが欲しくなる!
と思ってから欲しい良くがムクムク

その欲しさを昇華するべくブログに書きました笑
ほんとに欲しい〜〜すぎるので買ったら報告します



毎日日記を書く

非公開のブログを毎日書いている。

ブログを始めたのは小学6年生か中学1年生からで
ちょうどブロズブームだった。

たしか、前にも同じような話を書いた気がする。

一番最初に始めたのはYahoo!ブログ。
その後忍者ブログ
その後FC2ブログ

PCでなくてもブログを書けるようになって
モバスペ
alfooとナノを並行

Twitterに移行してブログからしばらく離れる。

Tumblrでブログを始める後
noteに移行
そして今ははてなブログ

今次のブログを書けるような場所を探している
非公開のブログは2016年末からはじめたんじゃないかな?

その前の日記は残っていない
毎回そうだ
ある程度日記が溜まり始めると移行する
削除してまた、またアカウントを作って
その日からそのブログに毎日の日記を書く

今度こそはこのブログをずっと続けるぞ
と思いながら、移行する

mixiとかFacebookに日記は書かない
卒業しましたとか、〇〇さんありがとうとか
もはや日記とかじゃなくてさ
形式的な挨拶の役割しかない
最近はLINEのグループがあるから
Facebookを更新することもなくなった

Twitterは実名じゃないし
アカウントを作り直しては消してのスピードが早い
そのおかげで、なんだかんだで長く続いてる

はてなブログの公開日記はアフェリエイトが目的だった
今はアフェリエイト目的でなくなった
何を思ったか、とか、何を感じたか、とか
そういうことを書く練習の場として使おうとした

からしばらく400字目安にブログを投稿した

何を書けばいいのか分からないから
またこうやって自分の話ばかりする

すごく嫌だ
もっと好きなこととか話したい
でもその話をするためにも言い訳みたいに
こんな風に公開日記を書かないと書けない

だから新しいブログが書ける場所を探してる
今度こそは大丈夫ってまた思っている

何回それを繰り返せばいいんだろう

強い言葉に慣れてしまう

インターネット、テレビ、コマーシャル、エッセイ、ライトノベル、コミック、メディアのエトセトラ。

「強い言葉」が溢れかえっている。

過激な表現や極端な思考、加虐・暴力性を含み、そしてシェアしやすいキャッチャーな言葉。私はそれらを「強い言葉」と呼んでいる。

私が「強い言葉」と相性が悪いと知ったのは最近だ。

休職して2週間後ぐらいから、SNSにのめり込んでいた。何かしなくては!動けないけど何かしなくちゃ!せめて情報を集めなければ!と焦っていた。
不安の吐き出し場所と、ロールモデルを探してTwitterを選んだ。それから「強い言葉」をツイートする人を選んでフォローしていた。

「強い言葉」は強烈なパワーがある。だから惹かれる。
シェアしまう。最初は、すごいこと言ってる!と言葉への驚きを得る。そして強さに惹かれる。慣れると自分でも好んで「強い言葉」を使うようになる。「強い言葉」を使うことで「強い人」に成れると思うからだ。私は弱いから「強い人」になりたいと思っていた。

(BLEACH藍染惣右介の、名言の意図がわかった。)

自分で吐いた「強い言葉」がシェアされると、おなじように「強い言葉」が生産されてシェアされる。

「強い言葉」は、自分の加虐性をあおる。
正論だ!差別だ!とツイートする気持ち良さはおかしい。きっとアドレナリンがドバドバとでている。

(人を傷つけるために正論はあるわけじゃないのにね、人を傷つけてる言葉なら、それはもう不正解だ)

「強い言葉」は少しずつ慣れてしまう。
「強い言葉」に慣れるとより過激に、より際どく、煽るような、言ってはいけないような言葉を使うようになる。でも、それらにも慣れていく。
結局、慣れて手に入れたモノは絶望感、疲労感だけだった。

負の思考が止められず、ネガティブに拍車がかかる。
このままではいけないと思ってTwitterアプリをアンインストールした。ニュースも見ることをやめた。

情報を遮断した。
穏やかになった。気が楽になった。
少しインターネットから距離を置いて、やわらかい言葉を使う小説やエッセイを読み返していた。
穏やかで明るくて前向きで美しい言葉が踊っていた。

私はこういう言葉と共に生きたいと思った。
「強い言葉」を使うのは控えようと思った。
「強い言葉」で幸せになる人はいるんだろうか。

残念ながらメディアは「強い言葉」で溢れている。
コンプライアンスはないのか、と疑うぐらいには。

だからこそ、「強い言葉」をやわらかい言葉に変換する力を身に付けたい。
「強い言葉」は生半可な気持ちで使っていい代物ではない。使うのなら覚悟を持たなければいけない。

「強い言葉」ばかりを好んで使っている各種メディアは、なんとも思わないのだろうか。もう少し多くの人たちが「強い言葉」に鈍感になっていることに気づかないといけない。

優柔不断な性格

何かにつけて悩むことが多くて、心配性な性格だ。
かと思えばガタが外れたかのように決断したりする。

ネガティブな人は、めんどくさがられるのを知っているから、ポジティブなフリをするが、根っからのポジティブではないから話が滑る。
ネガティブな思考を辞めて前向きに、楽観的に生きて生きたいと思うばかりである。

優柔不断というは、とても精神面も悪くさせる。
心配しすぎる、不安に感じすぎるのは良くない。
好きで、優柔不断な性格をしているのではない。

過度に不安ばかり感じる精神をなくすために、アレコレ考えて、調べると余計に不安になる。
調べないとこれもまた不安になる。

最近はツイッターのアプリをアンインストールして、ニュースを見ないようにしている。
情報が頭に入ると社会に対しての不安が強くなる。
しかし今度は自分に対しての不安が強くなった。
向精神薬を飲んでいるからある程度は緩和されているのだろう。
優柔不断な性格を和らげて、健やかな精神を手に入れたいものだ。

小児期のみについて思う

今日は、心療内科に受診しに行った。
先生から私にはインチュニブが合うかもしれないと聞いた。

インチュニブはADHDの新薬だ。注意欠陥や多動の症状を改善することができる。現在は小児期のみ使用が許可されている。

成人したADHDの薬は種類も現在2種類しかなく、副作用の個人差が大きい。そのためインチュニブも成人したADHDに承認が期待されている。

しかし、ADHDの新薬はなぜ小児期が先に承認されるのだろうか。新薬が出るまでにたくさんの治験を行うのだから、安全であると思っている。けれども子どもたちに何かあったら問題である。

まずは大人が飲み続けて、データを取る。
身体に何か大きな副作用が、あれば子ども用に向けて改善することはできないのだろうか。
新薬が小児期のみというのは不安である。
ADHDの子どもたちの救いになればいい。
しかし副作用を最初に体感することも、
子どもたちということに違和感を覚えた。





良い方向に向かっている

心が元気になってきている感覚が
少しずつ増えてきている

しかし睡眠障害だけはどうにもならない
私の場合、薬を飲まずに寝たいときに寝て、起きたいときに起きる生活をすると、睡眠時間が2時間ずつずれる

主治医に相談すると、やはり睡眠薬コンサータ錠は必須だと話す
どんなに工夫しても時間感覚だけは、気をつければ身体に負荷をかけ、気をつけなくても身体に負荷をかけるので、なかなかキツイ。
地球の時間が26時間であれば困ることはないのにと思う

寝るためにかけた金額と労力は考えたくない

市販のサプリメントや高照度光療法も効果がなく、やはりお医者さんに診てもらって、治療に向かうのが望ましいなと思う

最近また精神の衛生環境が良くなったので
身体を動かしたりする量を増やそうと思う
無理矢理でも身体が疲れれば
睡眠薬が効いて理想的に眠れる場合が多い
人生の3分の1は理想的な睡眠を求めていそうだと思った


wpXクラウド



やっと風邪が治る

熱が下がりだるさもなくなり
夏風邪とおさらばできた

おそらく心因的なものだと思う
長年モヤモヤきてきた気持ちを
両親に打ち明けた

するすると熱が下がり
今まで悩んできた根本が
ここに繋がっていたのだと
認めることができた

打ち明けるまでに
友人たちに
何をどう伝えるか
伝え方は問題ないか
分かりにくいことはないか
等々相談した

相談した結局、自信がつき
両親に打ち明けることができた

相談とは自己開示であり
承認欲求と自己肯定感を
高めることができると思った

相談することは難しい
悩みの核になればなるほど
相談することは容易ではない
愚痴だけで終わってしまう

解決するための相談は
自己開示をして
傷つくことを覚悟して
相談しなければならない

自己開示して
自分から傷つくようなことはしたくない
でも自己開示をしていかなければ
少しずつ不満は蓄積されて
耐えられなくなる

休職を得て学んだことは
知人に頼ること

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』