断絶の壁

透明な子になりたいしスキも諦めたくないよね

なんか色々あった前編

すごい色々あったので

自分でも理解できていない部分があって

本当に正しいかわからない

 

とりあえず大きなこと

 

派遣先に向かったら病院にいた

朝礼で倒れる人の症状とおなじらしいよ

f:id:su_mi_ka:20180704165817j:plain

知らない、天井だを経験してメンヘラになった気がした

メンタルヘルスにかかってるのでメンヘラなんですけど

 

経緯 

 

転職エージェントのレビュをやりたいとおもって

面白い企画なんじゃないかなと思った

無敵の人になってしまいそうだし

私がどうなったところで社会はノーダメージだし

それならこれから頑張れる人になにか爪痕でも残したかった

あと自分ががんばったとかアフェリエイトとかで稼げるかもしれないと思った。

 

頑張ってる自分が欲しかった

なにも頑張れないから頑張れそうなことをやろうと思った

それで職が見つかるなら一石二鳥ですごいいい企画に思えた

 

行動は早い方がいいと思った

すぐに派遣会社に連絡して面談の約束をした

 

面談していくつか仕事の案件を案内してもらった

それまで派遣会社を知らなかったから緊張した

新卒の面接では考えられないぐらいのスピードで仕事が決まっていくかんじがした

働くってなんなんだろうって思った

 

でも働けることが楽しみになった

なんだすぐに私働けるじゃん!って思って安心した

 

派遣先に行ってみることになった

色々なエージェントや正社員雇用にしたかったけど

派遣先の方のお話を断れななかった

でももしこれで仕事が決まれば安心感があった

 

でもそれが間違いだった

見学しに行ったところまでは覚えてる

気持ち悪くなったからトイレを貸してもらった

でも気づいたら病院にいた

 

なんでここにいるのっていう気持ちはなくて

あーわたし働けなかったのかと思った

普通に見学することもできなくていきなり救急車って

ありえないし生きられないと思って

めちゃくちゃに悲しかった

もうどうやって生きていくか分からないし

わたしは普通に仕事して帰ってきてまた

次の日仕事してって生活をしたかっただけだった

職場でいじめられるとも思っていなかったし

書類等を改ざんしたりとかセクハラとか

そういう曲がり通ったことが会社で行われるとも思っていなかった

 

誰にも迷惑かけないように生きようとして

結果めちゃくちゃに迷惑をいろんな人にかけてしまった

派遣会社の紹介してくれた人、派遣先の会社、救急隊の方

それにまつわるためにたくさんの人に迷惑をかけてしまった

 

鬱で治りかけなんだから我慢してるとか、

主治医の先生に障害者雇用を紹介されたときに気づくべきだったのに、

今までどおりにできると思っていた

今までどおりにできないから、鬱になったり会社で働けなかったりしてるのに

なんで生きてんのかなあと思った

どうやって生きてけばいいのかなあと思った 

 

とりあえず明日後半を書きます