断絶の壁

透明な子になりたいしスキも諦めたくないよね

暇だと思う感覚

追われてばかりで
焦るばかりの日が続いていた。

とくに用事はないのに
用事がない日こそ焦るので
毎日が息苦しかった。

この暇を暇だと感じることのできない感覚は
何年振りか分からないのだけど
今日、久々に感じることができた。

私は鬱から抜け出すことができたんだな
と思った。

よくあるウツヌケ話だと思うのだけど
この「暇だと感じる感覚」は
ものすごい精力がみなぎってくる。

何か作りたいとか
どこかに行きたいとか
人に会いたいとか

私の場合は創作意欲が湧く
絵を描くことに久しぶりに夢中になった。

気がつくと6時間くらいぶっ通しで
絵を描いていた。
こんなに集中したのは久しぶりだ、と思った。

元々過集中の癖があるから
できるなら異様に長い集中時間は失くしたい。
でもこの過集中の時間が楽しい。

急かされずに、1人静かに没頭することは、すごく楽しい。
この感覚を忘れないようにしたい。